license group method clothes

cカード、ライセンスとは 指導団体とは 取得するには 服装・器材について

About a C card, a license.

ダイビングをするには、世界的にも共通で通用する認定を受けなければなりません。 その認定証は一般的に「Cカード」(Certification-Card)と呼ばれるものです。 この「Cカード」を取得することで、ダイビング全般に関するサービスを受けることができ、 いわゆるスキューバダイビングを行うことが出来るのです。つまり、いきなり海に行って、 友人に教えてもらいながらダイビングすることは出来ません。ダイビングをしたい場合は、 体験ダイビングを受けるか、「Cカード」を取得する必要があります。

Cカードはライセンス(免許)なの?

表題に「ライセンス」となっていますが、正確には行政で認められたいわゆる「免許」とは意味合いが異なります。 一般的にライセンスで通っているのですが、Cカードは民間のダイビング指導団体が発行する「認定証」なので、 ライセンス=免許証とは違うのです。誰でも講習を受けて簡単に取得することが出来るのです。

About a guidance group.

ダイビングの講習を行い、Cカードを発行している団体を指導団体と言います。 それぞれの指導団体は、それぞれの理念に基づいて講習し、各々のCカードを発行しています。

どの指導団体がいいの?違いってあるの?

現在、日本だけでも30あまりの団体がありますが、世界にはもっと多くの指導団体があります。営利非営利含めて数多いので、ハッキリとした数字はわからない、というのが正直なところです。 「そんなに数多く指導団体があるんじゃ、どの指導団体の講習を受ければいいのか決められない!」…と、思われるかもしれませんが、指導団体にも世界的に有名な指導団体というのがあります。数多くのダイバーを世界で育成しており、各都市に店舗を持っている指導団体であれば心配はありませんので、ご安心下さい。

主だった指導団体

PADI
PADI:
世界約180カ国以上にショップ有り。
13万人以上のインストラクター、プロフェッショナルメンバー
NAUI
NAUI:
世界約100カ国以上にショップ有り。
約50,000名以上のダイブマスターやインストラクター
BSAC
BSAC:
世界約86カ国以上にショップ有り。
メンバー40,000名以上の正式メンバー

この3団体、講習内容や指導に対する理念に多少違いはありますが、習得する技術や知識に大きな違いはありません。気になる方はそれぞれの指導団体の公式HPなどを見ていただいて、判断していただければ、と思います。 また、各指導団体で、Cカードを発行する際に申請料が必要となります。 その申請料にもダイビングショップ、選ぶ指導団体によって違いがございます。

About an acquisition method.

ほとんどのダイビングショップはダイビング・ライセンス「Cカード」を取得出来るコースやスクールを設けて、 ダイビング技術の向上や、初心者がダイビングを始めるきっかけを作っています。 又、スキルやテーマごとに様々なダイビングツアーを開催しているので、「Cカード」取得の機会もたくさんあります。

取得までの流れ

写真1
1.学科講習 初めに、安全にダイビングを楽しむ為のルールとマナーを学びます。ダイビングをする時に使用する器材の紹介を行い、水中で起こる不思議な現象について説明をしていきます。知識をしっかり身に付けて行きましょう。
写真2
2.限定水域講習 まず"浅い所での水慣れ"からスタートします。そして順番に器材を背負って水中に入り、船から降ろした紐を持ちながら潜った時のシュミレーションをします。呼吸の仕方や合図の仕方・・・等、少しずつ水慣れしながら練習していくので泳ぐことが苦手な方でも安心です。
写真3
3.海洋実習 限定水域で練習したスキルを、実際に潜っていき今までの復習を行います。始めは緊張して力が入ってしまうかもしれませんが、自分でも気づかないうちに海の中に溶け込んで泳げるようになります。常にインストラクターさんが付いていくれてるので安心して楽しめますよ。

※コース参加の最低年齢は15歳。10歳以上〜14歳未満の方は「Jr.オープンウォーターダイバーコース」の受講が可能です。

About clothes.

ダイビングは器材への依存度が高いスポーツです。水中という特別な環境下で楽しむためには「自分にフィットしている器材」が必要です。まだ、ダイビングを始めていない方にはレンタルでよいのか、自分のものを揃えた方が良いのか、よく分からないですよね。どのダイビング器材をいつ買うかは、人それぞれです。 お気軽にスタッフにご相談下さい。

各装置の名称